電子ガジェットいろいろ

電子系のガジェットやアプリ開発等の話題を書いてます

Macbook pro 17インチ(MC226J/A)を買いました

新OS発売後の新機種を買おうと思ってたのですが、どうしても17インチが欲しくて、でも価格が悩みの種でした。
そこで少しでも安くすませたいので、新OSが出るまで1ヶ月を切って十分値段が下がった(価格.com調べ)と思い、Macbook pro 17インチ(MC226J/A)を買いました。
どうせ待ってもまだ値引きの無い発売してすぐに買ってしまうので、3・4ヶ月の性能差で7万円の価格差を考えると今がチャンスだと思いました。
6/8以降の機種ではMac OS X Snow Leopard Up-to-Dateプログラムで980円でSnow Leopardにアップグレードできます。
15インチ(MB134J/A Early 2008)からの買い増しです。15インチはセカンドマシンとしてまだ使います。

Apple MacBook Pro 2.8GHz 17インチ MC226J/A

Apple MacBook Pro 2.8GHz 17インチ MC226J/A

基本スペック

詳しくはここで(新モデルが出るまで)http://www.apple.com/jp/macbookpro/specs-17inch.html

CPU    Intel Core 2 Duo 2.8GHz(キャッシュ6MB)
メモリ    4GB/最大8GB
画面サイズ    17 インチ 1920x1200
ビデオチップ    GeForce 9400M/GeForce 9600M GT
HDD    500GB(5400 rpm)

カスタマイズ

SSDは高くて手が出ないので、評判の良いなるべく早いHDDを別途購入。
アップルストアでなく、価格.comで選んだ店で買ったために、自分でHDDを交換。

本体の裏蓋1枚外すだけで、簡単に交換できました。前の15インチとは全然違います。
250GBのプラッタ2枚の7200rpmなのでかなり早いです。まだこのタイプの9.5mm厚の2.5インチのHDDはこれしかありません。
たぶんアップルストアでカスタマイズできるHDDもこれです。
始めら搭載されていた500GB 5400rpmのHDDは日立でした。今回は結構そのままでも省電力で良いやつです。

実力

いつも新PCを手に入れるとFFXIベンチマークを行っています。
これはDirectX8の頃の仕様で、3DだけではなくCPUやメモリ等ハードウェア全体の実力が分かりやすいです。
bootcampでWindowsXPをインストールした時のスコアは High 8200以上でした。
ちなみに前の15インチでは基準は少々異なりますが、WindowsVISTA環境で5500でした。
経験上XPとVISTAではそのままのハードウェア構成でも500ほどVISTAの方が遅くなります。
これだけのスコアが出ると、さすがにFPS系の3Dゲームでもそこそこ快適に遊べます。ノートPCの中では純粋なWindows機を合わせても最強の部類ではないでしょうか。
ちなみにWindowsでは、GeForce 9600M GT固定です。
バッテリーが8時間持つと謳っていますが、持ち運ぶ気がないのでたいして気にしていません。

総括

これだけの解像度があると、iPhoneの開発でXcode+ソースウィンドウ、デバッグウィンドウ、ヘルプ、シミュレータ+etc.を開いても楽になりました。
15インチとは画面の実サイズ以上にドットも細かくなっているので、かなり広く見えます。
今回からProシリーズに加わった13インチは新基板のせいか、純正以外のHDDの動きやDVDドライブの挙動がおかしい等、色々不具合があるようです。
15、17インチはこのデザインになってから3代目なので、結構安定しているように思えます。
今年はVaio TypePと今回のMacbookProを購入しましたが、満足度は最高の年です。
おかげでちょくちょく少しずつパワーアップしてきたWindowsのデスクトップ機が1年以上もそのままの性能で、だんだん居場所が無くなってきました。

Macを買ったら最初に読む本 Mac OS X v10.5 Leopard版 (アスキームック)

Macを買ったら最初に読む本 Mac OS X v10.5 Leopard版 (アスキームック)