電子ガジェットいろいろ

電子系のガジェットやアプリ開発等の話題を書いてます

SH/Tiny開発キット

今回紹介するのは
SH/Tiny CPUボードSTK-7125用評価ボードのセットです。
マルツパーツ館で購入しました。

価格は9,800円で、STK-7125限定ですが、フル機能のライターとデバッグ環境が含まれています。
また、個人的に気に入っている点ですが、USBだけで接続できます。
STK-7125用評価ボード自体がデバッガにもなっていますので、自作基盤にもコネクタをつければオンボードでバッグが出来ます。

一方、SH/Tiny CPUボードの仕様は

CPU ルネサス テクノロジ社製 SH7125 R5F71253N50FP 
クロック 12MHz発振子 
CPUコア  48MHz 
バス  24MHz 
周辺  24MHz 
メモリ FlashROM  128KB (CPU内蔵) 
RAM  8KB (CPU内蔵) 
シリアルI/F 3ch(クロック同期/調歩同期モード) 
コネクタ 拡張コネクタ (28pin×2 未実装) 
電源コネクタ (B2P-SHF-1AA(JST) 未実装) 
LED パワーLED(赤)×1 DC5Vに接続 
電源 DC5V ±10% 
消費電流 約50mA 
動作温度 -20℃ 〜 70℃ 
基板サイズ(mm) 36×34 (4層基板) 

です。こちらは単体で2,800円

PIC24Fは1命令に付き2クロック必要ですので48MHz時で24MIPSですが、SH2は内部がパイプライン構造になっているため、約48MHz時で約65MIPSになります。

C言語の開発環境は製品サポートページ (STK-7125 FileCenter)を見てもらえればわかるとおり、ルネサス純正(制限付き)とGCCがあります。ルネサス純正は無料ではコンパイルサイズが128KBに限定されますが、元々SH7125のメモリは128KBなのでフルに使えます。

C言語による SH-2マイコンプログラミング入門

C言語による SH-2マイコンプログラミング入門

SH‐1 & SH‐2マイコン入門―組み込み機器に最適なCPUのアーキテクチャから応用まで (TECHI)

SH‐1 & SH‐2マイコン入門―組み込み機器に最適なCPUのアーキテクチャから応用まで (TECHI)