電子ガジェットいろいろ

電子系のガジェットやアプリ開発等の話題を書いてます

やっと発売されました iPhoneSDK用OpenGLの解説本とOpenGL ESのバイブルの日本語版

今まで何故無かったのかと思われるiPhoneSDK用OpenGLの本がやっと発売されました。
結構わかりやすく書かれているので、強くお勧めできる本です。




OpenGLで作るiPhone SDKゲームプログラミング

プロモーション動画です。

この本はiPhoneSDKやObjective-Cの解説は全くかかれていません。
iPhoneSDKのプログラミング知識がある日と向けの本です。
対応しているOpenGL ESのバージョンは1.1です。2.0の事は書かれていません。
OpenGLを使いこなすには少々薄い本ですが、OpenGLの使い方はこれでわかるでしょう。

あと衝撃なことがもう1つあります。
このブログでも以前紹介したOpenGLESのバイブル的な『OpenGL ES 2.0 プログラミングガイド』の日本語版が発売されていました。



OpenGL ES 2.0 プログラミングガイド

OpenGLで作るiPhone SDKゲームプログラミング』で足りない分は『OpenGL ES 2.0 プログラミングガイド』で補えるので、この2冊があれば、iPhoneSDKでのOpenGLの開発には、まさに鬼に金棒です。
1つ注意して欲しいのは、OpenGL ES 2.0 プログラミングガイド』はOpenGLES2.0についての本です。OpenGLES1.0,1.1の事は補助的に書かれていますが、混同しないでください。

OpenGLは使ってみるとわかるのですが、結構言語的には単純です。
資料が少なく、取っ掛かりがわかりにくいのですが、この本がハードルを下げることは間違いないです。

OpenGLで作るiPhone SDKゲームプログラミング

OpenGLで作るiPhone SDKゲームプログラミング

Open GL ES 2.0 プログラミングガイド

Open GL ES 2.0 プログラミングガイド