電子ガジェットいろいろ

電子系のガジェットやアプリ開発等の話題を書いてます

マウスコンピューターのandroidタブレット "LuvPad Ad100"で遊んでみました。

このブログを読んでくれる皆様。
あけましておめでとうございます。
最近更新は少ないですが、まだまだ続けていきます。

元旦0時過ぎに何気なくソフマップ.comを見ていたら、新年セールで入手困難なマウスコンピューターandroidタブレット "LuvPad Ad100"があったので、買ってしまいました。
これはNVIDIA Tegra2チップ搭載で前から気になっていたのですが、予約開始後にすぐに売り切れ、入手困難な状態が続いていました。
ソフマップでも2時頃に覗くと、もうありませんでした。

仕様はこんな感じです。(製品ページ)
このブログの過去エントリー

過去に買ったEken M001の様な低価格機と違い、android機でも最速のTegra2、メインメモリは512MB、静電容量方式のタッチパネル、さらにマルチタッチ対応とハード的には快適な環境です。
ただ、ソフト的には色々問題があり、android初心者にはおすすめできません。
素のandroidOSをハードに合わせてカスタマイズしただけのシンプルな構成です。プロプライエタリなライセンスを受けていないので、androidマーケットやGoogleMap等はありません。
日本語入力はSijimiがインストールされています。

初期状態ではハード仕様の割には動きが重く感じましたが、色々カスタマイズするとかなり使いやすくなりました。
カスタマイズはここ(ブログ:もうスマホでいいや)を参考にしながら行いました。
システムの高速化や裏技を使ってのGoogleアプリの導入等が書かれています。

android2.2からFlashも対応しています。
こちらも初めはインストールされていませんが、ここからダウンロードできます。
動作は快適で、Youtubeもブラウザ上から再生でき、ニコニコ動画もコメント付きでスムーズに再生できます。
facebookのフラッシュを使ったアプリも動作しました。

Tegra2なので、3Dも完璧に動作します。
無料で出来る範囲でゲーム等を試してみましたが、3Dの動作はiPhoneiPadと同等(NVIDIAだからむしろそれ以上?)の印象は受けました。
参考として、過去のエントリーでも使った簡単な自作プログラムを動かしてみました。

安物コンデジで雑に撮ってしまい醜いですが、参考にしてください。

iPadと比較してしまうと、使い勝手や安定性は今のところandroid機(GalaxyTabも含めて)には勝ち目はありませんが、androidはオープンなので触れる部分が多く、アプリの入手方法も多いのでメーカーやユーザのカスタマイズ次第と思います。
初めてタブレットを使う人は素直にiPadの方が良いです。LuvPadを含めたandroid機はわかっている人が遊ぶものと思った方が良いでしょう。