電子ガジェットいろいろ

電子系のガジェットやアプリ開発等の話題を書いてます

WindowsXPの保存環境にネットプックを導入+快適化

久しぶりに電子工作で何かやろうと思って過去の雑誌の付録のPIC基板で遊ぼうとしたら、書き込みソフトがWindows7では使えないことがわかりました。
他にも昔に買ってまだ持っているソースネクストやEA BEST等のゲームも現在の環境では動かないものがありました。
そこでWIndowsXPの保存環境を作ろうと思ってオークションを色々見てたのですが、下手に古いノートPCを買うよりネットブックの方が安いことに気がつきました。
ネットブックは遅くて使いにくいイメージがありますが、そもそもWindows7で動かないほど古いゲームの時代のPCのスペックと比較するとかなり高性能になっています。
電子工作系のソフトはグラフィック機能は要求されなので、基本機能は全く問題ありませんし、CPUもクロック数が1.6GHzもあるので、単純な処理を繰り返すコンパイル等の処理では遅くは感じません。

SONY VAIO W (VPCW119XJ)

購入したのはソニーの初代"VAIO W"です。実際の色は白です。
ほとんどのネットブックの解像度は1024x600なのですが、前にMSI U100を持っていていくつかのソフトのダイアログのボタンが押せなかったりしたので、1366x768のDELL MINI 10に買いなおしたことがありました。
そのDELL MINI 10は画面が表示されなくなり、ジャンク品として譲渡しました。
今回も1366x768のが欲しいと思い探していたのですが、比較的新しいのはWindows7StarterばかりでWindowsXPのものはDELL MINI 10とSONY VAIO Wしかありませんでした。
前にもDELL MINI 10は特に不満が無く他社製よりも使いやすかったので、同じものを探していたのですが、SONY VAIO Wの展示品新品が23,000円であったので、そちらにしました。落札前に質問したところ、特に電源を入れていたわけではなく、ただショーケースに展示していただけみたいです。
届いて確認してみましたが、裏面のゴム足に少し汚れがある以外は傷も無く新品に近い状態でした。特にバッテリーの劣化も無く、よい買い物をしたと思いました。
個人的にはDELLよりもキーボードが打ちやすくとても満足のいく機種だと思います。

簡単にスペック

CPU:Intel Atom N280(1.66GHz)、
チップセットIntel 945GME Express
グラフィック:Intel Graphics Media Accelerator 950
モリー:1GB(1GB×1)
HDD:約160GB(Serial ATA、5400回転/分)

快適化

せっかくなので、快適にしたくてメモリとHDDを交換しました。
メモリは過去に何かのノートパソコンから抜いたDDR2のGBがあったのでそれを入れました。
160GBのHDDは128GBのSSDにしました。
どうせチップセットの機能上SATAのモードがIDEモードでしか動かないので、安いものが良いと思い、シリコンパワー 2.5インチSolid State Disk 高速転送 SATA(SATAI/II)準拠 128GB SP128GBSSDE25S25にしました。
遅いと言っても、これ今年の2月に発売されたばかりのモデルです。STAT2までのスピードに絞って低価格化したようなやつです。

どれくらい快適になったか計ってみました。とは言っても換装前のデータはありませんので、比較は出来ませんが。
環境はリカバリから再セットアップして、WindowsUpdateを全部やった状態です。
Microsoft Security Essentialsをインストールし、WindowsSearchのサービスは停止させてます。
電源スイッチを入れてから起動終了後砂時計のアイコンが無くなるまでの時間  約50秒
終了時のダイアログから電源を切るボタンを押してから本体の電源ランプが消えるまでの時間  約10秒
まだセットアップが終わったばかりの段階とは言え、かなり早いと思いませんか?
動作中もHDDの比ではなくかなり快適でSSD特有のプチフリ現象も特に経験してません。
昔のゲームをしてもむしろ当時より快適です。
3Dバリバリのゲームをやらない限り十分すぎるほど快適な環境になりました。