電子ガジェットいろいろ

電子系のガジェットやアプリ開発等の話題を書いてます

ASUS VivoBook X202E-CT3317 を買いました

いままでSurfaceでのアプリ開発遊びでは、MacvmwareWindows8を入れてそこからSurface上でリモートデバッグをしていました。
これだとWindows8アプリ開発で遊ぶときにいちいちSurfaceを起動するのが面倒です。
BootcampではWindows7を使っていて、OSを変える気はないし、他にもゲームも視野に入れたそこそこ高性能のデスクトップマシンがあるのですが、最近ゲームはPS3でやるし、別の部屋にあって持ち歩けないので、いまはただの飾りになっています。そもそも両方ともタッチスクリーンではないので、マウスではマルチタッチの確認ができません。
なので、タッチスクリーンに対応した低価格のWindows8のPCを見てたところ、良いのを見つけてしまいました。
5万円を切る価格に対してスペックも良いので、見てるだけのつもりでしたが買ってしまいました。



ASUS X202E-CT3317 Steel Gray

ASUS X202E-CT3317G champagne gold

今回購入したのは、シャンパンゴールド(X202E-CT3317)の方です。
主なスペック

CPU Core i5 3317U(Ivy Bridge)1.7GHz/2コア
GPU Intel HD Graphics 4000
OS Windows8 64bit
ディスプレイ 11.6インチ 10点マルチタッチ対応
解像度 WXGA (1366x768)
メモリ 4GB (DDR3 PC3-10600)
HDD 500GB HDD 5400回転
無線LAN 802.11bgn
その他 Webカメラ,HDMI端子,Bluetooth,USB2.0x2,USB3.0x1,VGA端子,SD/SDHC/SDXCカードスロット
オフィススイート KINGSOFT Office 2012 Standard

このスペックを見るとわかると思いますが、3Dゲームをやらない限りは十分です。
携帯性とディスク速度では劣りますが、スペックはMacbook Airと近いことからわかると思いますが、性能は十分でストレスもなく普通に使える性能はあります。
メモリも4GBあるので、特にスワップ発生も気にならずにサクサク動作してます。
MS Officeではありませんが、KINGSOFTのOfficeがある点も嬉しいです。VBAは動作しないバージョンですが、ちょっとレイアウトに凝ったエクセルファイルも意外と忠実に読み込めてます。
また、CPUがCore i3で良ければ、もう少し安いもの(X202E-CT3317)もあります。



ASUS X202E-CT3217 Steel Gray

ASUS X202E-CT3217G champagne gold

今回の目的ではこちらでも十分でした。
3年程前にWindowsXPの環境が欲しいと思い、Vaioネットブックの新古品を3万円で購入したのですが、今回も体感の動作速度はこの時と同じような感じだと思っていたので、実際に使ってみると大違いでした。
AndroidアプリやWindows8アプリのビルドや、Youtubeやニコ動の鑑賞やオフィスでの資料作成等は快適で、本当に3Dゲームをやらない限りはこのスペックで十分なので、Windows環境のメイン機はこのPCになりそうです。