電子ガジェットいろいろ

電子系のガジェットやアプリ開発等の話題を書いてます

TI-Nspire CX CAS で少し遊んでみました

最近いろいろと関数電卓を調べているうちにどうしても気になり、現在発売されている中で一番多機能なものを購入してしまいました。

テキサス・インスツルメンツ社のTI-Nspire CX CASです。
この機種は製品名にある通りにCAS機能が付いていて、計算式に文字や変数を扱う事ができ、複数の式にまたがるような計算もできます。
また自分で定義した関数も扱う事ができ、非常に便利です。
まずは、この関数定義機能で遊んでみました。

題材としてBMIを計算してみます。
とりあえず、BMIの計算式は以下の通りです。

まずこの式を関数として定義します。

この関数に日本人20代男性の平均身長と平均体重の値を渡してBMIを計算してみます。

特に意味はありませんが、10で割ってみます。

この計算結果の履歴や定義した関数を含めてドキュメントとして保存できます。
カシオの電卓よりも手軽さはありませんが、複雑な計算やプログラムのシミュレーションをするのには便利ですので、プログラムを作る上でも手元にあれば便利です。

Texas Instruments Nspire CX CAS N3CAS/CLM/2L1 Graphing Calculator [輸入品]

Texas Instruments Nspire CX CAS N3CAS/CLM/2L1 Graphing Calculator [輸入品]