電子ガジェットいろいろ

電子系のガジェットやアプリ開発等の話題を書いてます

Swiftで簡単に折れ線グラフを書く方法

久しぶりにiOS SDKの開発メモです。
今回はSwiftで簡単に折れ線グラフを書く方法を紹介します。
簡単に使えるオープンソースのライブラリ BEMSimpleLineGraph を見つけたので、これを使います
BEMSimpleLineGraphはObjective-Cで書かれていますが、Swiftから使う方法を紹介します。

入手場所

BEMSimpleLineGraph
入手先はGitHubです。
どんな方法で入手しても良いですが、今回はこのページにある"Download Zip"ボタンによりZipファイルをダウンロードしました。

プロジェクト作成

今回は簡単に Single View Application で作ります。
プロジェクト名は"TestGraph"とします

ライブラリファイルをプロジェクトに追加

ダウンロードしたZip内のClassesフォルダにあるファイルをプロジェクトに追加します。
今回はLibフォルダを作成して、その中に追加しました

Bridging-Headerの追加

SwiftからObjective-Cのクラスを使うためにBridging-Headerを追加します
ファイル名は"TestGraph-Bridging-Header.h"とします。(<プロジェクト名>-Bridging-Header.h)
このファイルにBEMSimpleLineGraphのimport文を書きます

TestGraph-Bridging-Header.h

#import "BEMSimpleLineGraphView.h"

作成した"TestGraph-Bridging-Header.h"をBuild SettingsのSwift Compiler - Code Generationにある項目 Objective-C Bridge Headerに設定します

グラフ表示

簡単な例として、SampleLabelにX軸のラベル、SampleDataにY軸の値がセットされた要素数がそれぞれ5個の配列を用意して、この値をグラフ表示するコードを"ViewController.swift"へ書きます。
ライブラリの使い方はコード中のコメントを参考にしてください

import UIKit

// BEMSimpleLineGraphDelegateとBEMSimpleLineGraphDataSourceの2つのプロトコルを追加
class ViewController: UIViewController, BEMSimpleLineGraphDelegate, BEMSimpleLineGraphDataSource {
    
    // サンプルラベル
    var SampleLabel: Array<String> = ["ラベルA", "ラベルB", "ラベルD", "ラベルE", "ラベルF"]
    // サンプルデータ
    var SampleData:  Array<Float> = [10.5, 20.8, 5.3, 12.1, 25.9]
    
    override func viewDidLoad() {
        super.viewDidLoad()
        
        // グラフのViewを作成(今回はメインビューと同じ大きさのビューを作ります)
        var GraphView: BEMSimpleLineGraphView = BEMSimpleLineGraphView(frame: CGRectMake(0, 0, self.view.bounds.width, self.view.bounds.height))
        // データソースを設定 (今回はこのクラスの中にメソッドを書くので、selfを設定)
        GraphView.dataSource = self
        // delegateを設定 (今回はこのクラスの中にメソッドを書くので、selfを設定)
        GraphView.delegate = self
        // メインビューにグラフのViewを追加
        self.view.addSubview(GraphView)
        
    }

    override func didReceiveMemoryWarning() {
        super.didReceiveMemoryWarning()
    }

    // グラフのX軸の最大個数を返すメソッドを作成
    func numberOfPointsInLineGraph(graph: BEMSimpleLineGraphView) -> NSInteger {
        // 今回はSampleData配列の数を返します
        return SampleData.count
    }
    
    // Y軸の値を返すメソッドを作成
    func lineGraph(graph: BEMSimpleLineGraphView, valueForPointAtIndex index: NSInteger) -> CGFloat {
        //何個目のX軸のポイントかはindexで取得できるので、今回はSampleData配列の中にあるindexの要素をそのまま返します
        return CGFloat(SampleData[index])
    }
    
    // X軸のラベルを返すメソッドを作成
    func lineGraph(graph: BEMSimpleLineGraphView, labelOnXAxisForIndex index: NSInteger) -> NSString {
        //何個目のX軸のポイントかはindexで取得できるので、今回はSampleLabel配列の中にあるindexの要素をそのまま返します
        return NSString(string: SampleLabel[index])
    }
    
}

これで下のように表示されます

グラフオブジェクトに対して下のような設定プロパティがあります

colorTop: UIColor グラフViewの上部の色
colorBottom: UIColor グラフViewの下部の色
colorLine: UIColor 各ポイントを結んだ線の色
colorXaxisLabel: UIColor X軸のラベルの文字の色
colorYaxisLabel: UIColor Y軸のラベルの文字の色
widthLine: CGFloat 各ポイントを結んだ線の太さ
enableTouchReport: Bool GraphViewのタッチイベントを取得するかどうか
enablePopUpReport: Bool 画面をタッチした時に値をポップアップで表示するか
enableBezierCurve: Bool 各ポイントを結ぶ線を滑らかに表示するか
enableYAxisLabel: Bool Y軸のラベルを表示するか
autoScaleYAxis: Bool Y軸をViewの高さに合わせてスケールするか
alwaysDisplayDots: Bool 各ポイントを常に表示するか
enableReferenceAxisFrame: Bool X, Y軸のフレーム(外枠)を表示するか
enableReferenceAxisLines: Bool X, Y軸の補助線を表示するか
animationGraphStyle: BEMLineAnimation 表示するときのアニメーション

いくつか設定してみた例です。

        // GraphView.delegate = self の次の行から以下を追加した例
        GraphView.enableYAxisLabel = true
        GraphView.enableXAxisLabel = true
        GraphView.enableReferenceAxisFrame = true
        GraphView.enableReferenceXAxisLines = true
        GraphView.enableReferenceYAxisLines = true
        GraphView.enableBezierCurve = false
        GraphView.widthLine = 2
        GraphView.colorLine = UIColor.orangeColor()
        GraphView.colorTop = UIColor.whiteColor()
        GraphView.colorBottom = UIColor.whiteColor()

表示してみました

このように非常に簡単に扱えるので、ちょっとした折れ線グラフを描きたいときに便利です。

詳解 Swift

詳解 Swift