電子ガジェットいろいろ

電子系のガジェットやアプリ開発等の話題を書いてます

Genuino 101 (Arduino 101) の加速度センサを使ってみる

今回は簡単にGenuino 101 (Arduino 101)の加速度センサを使ってみました。

必要なライブラリは CurieIMU です。
このライブラリはボードマネージャからGenuino 101環境のインストールが終わっていれば、ライブラリをインクルードからインクルードできます。

CurieIMU.begin()で加速度センサを有効化します。
CurieIMU.readAccelerometer()で加速度センサの値を取得できます。

加速度センサのX軸の値をLCDに表示するプログラムを書いたので、参考にしてください

// CurieIMU.hをインクルード
#include <CurieIMU.h>
// 汎用LCDのライブラリ
#include <LiquidCrystal.h>

LiquidCrystal lcd(8, 9, 4, 5, 6, 7);

void setup() {
  lcd.begin(16, 2);              // start the library
  lcd.setCursor(0,0);
  lcd.print("Accelerometer"); // print a simple message
  // 加速度センサ開始
  CurieIMU.begin();
}

void loop() {
  char work[32];
  int x = 0, y = 0, z = 0;
  // 加速度センサの値取得
  CurieIMU.readAccelerometer(x, y, z);
  lcd.setCursor(0,1);
  sprintf(work, "X=%6d", x);
  lcd.print(work);
}

Genuino 101

Genuino 101