電子ガジェットいろいろ

電子系のガジェットやアプリ開発等の話題を書いてます

メガドライブ開発環境メモ

メガドライブの開発環境を試してみたのでメモ

開発環境

SGDK (A small, open and free development kit for the Sega Megadrive)を使用する
SGDK URL : https://github.com/Stephane-D/SGDK/wiki
download : https://github.com/Stephane-D/SGDK/wiki/Download

ダウンロードしたアーカイブファイルを解凍して適当なところに配置

テスト

SGDKを "C:\sgdk" に配置したとして書きます

適当なフォルダで開発 (今回は C:\workspace とします)

ソースファイル配置(今回は test.c とします)

#include <genesis.h>

int main()
{
	VDP_drawText("TEST", 18, 13);
	VDP_waitVSync();
	
	return (0);
}

ソースファイルと同じ場所にメイクバッチを作成(今回は make.bat とします)
環境変数のSGDKは、SGDKを配置したフォルダに変更してください

set SGDK=c:\sgdk
%SGDK%\bin\make.exe -f %SGDK%\makefile.gen

ファイル配置後、make.batを実行するとコンパイルされます。

テスト実行

コンパイルが正常に完了すると、make.batを実行したフォルダの下に out フォルダが作成されます。
この out フォルダにある rom.bin をエミュレータで実行するなり、ROMに焼くなりしてください。

rom.bin をGens/GS(https://segaretro.org/Gens/GS)で実行してみました。

メガドライブパーフェクトカタログ (G-MOOK)

メガドライブパーフェクトカタログ (G-MOOK)