電子ガジェットいろいろ

電子系のガジェットやアプリ開発等の話題を書いてます

iPad2で進化したポイント

震災の影響で日本では発売が遅れるようですが、iPad2になって進化したポイントをメモします。

薄型軽量化

一度iPad 2を手に取ったら、もう手放せなくなる。完全に新しいiPad 2のデザインは、そうなるようにできています。33パーセント薄く、最大15パーセント軽くなったiPad 2は、これまで以上に手のひらにフィット2。ネットサーフィンも、Eメールのチェックも、映画鑑賞も、読書も、あくまで自然で快適です。指先で触れるディスプレイの下に、信じられないようなテクノロジーが詰め込まれていることなんて、きっと忘れてしまうでしょう。

デュアルコアA5チップ

パワフルな2つのコアを持つA5チップの1つで、iPadが一度にできる作業の量が2倍になります。ネットサーフィン、映画鑑賞、FaceTimeでのビデオ通話、ゲーム、そしてアプリケーションを次々と切り替えるときに違いがわかるはず。マルチタスキングはよりスムーズに。アプリケーションの読み込みもさらに速く。すべての機能が進化しました。

超高速グラフィックス

最大9倍のグラフィックスパフォーマンスが、iPadで楽しむゲームを、もっとスムーズに、もっとリアルなものにします。グラフィックスが高速になると、アプリケーションのパフォーマンスも向上。特に映像を使うものにはっきりと現れます。フォトライブラリの写真をスクロールしたり、iMovieでビデオを編集したり、Keynoteでアニメーションを見るときに、その速さを体感できるでしょう。

2つのカメラ搭載

iPadには2つのカメラがついています。1つは本体前面に、もう1つは背面に。小さいカメラでも、性能は圧巻。どちらもFaceTimeのビデオ通話と連動するように設計されているので、大切な人たちと話しながら、その人たちの笑顔や、あなたの話に大笑いする様子を見ることができます3。友だちと向き合って話をするときはフロントカメラで。ビデオ通話中に背面のカメラに切り替えると、あなたがいま誰とどこにいるか、周りにはどんなものがあるか、相手に見せてあげることができます。FaceTimeを使っていないときには、背面のカメラがムービーの撮影に活躍します。このカメラはHDなので、撮るものすべてがちょっとした傑作になるでしょう。Photo Boothを使えば、スナップ写真が遊び道具に変わります。自分の顔がどんな楽しいものになるか、試してみましょう。

今すぐ使えるかんたんmini iPad[厳選]アプリ徹底活用技

今すぐ使えるかんたんmini iPad[厳選]アプリ徹底活用技