電子趣味の部屋

電子系のガジェットやアプリ開発等の趣味の話題を書いてます

Ryzen5000シリーズ ベアボーンPC ASUS Mini PC PN51

長期で使用する予定のない独立環境を作ろうとして予備の環境が無いことに気が付きまして。
この度 ベアボーンPCの ASUS Mini PC PN51 を購入しました。

今回はRyzen 5 5500Uのモデルです。
約5,000円アップでRyzen 5 5700Uのモデルもあるのですが、こちらはPD給電の時に高負荷になるとシャットダウンしてしまうようなレビューもあったのと、そこまでパワーはいらないので、Ryzen 5 5500Uのモデルにしました。

Minisforum HX50G予約の際に資金調達のためUM560やCeleronのミニPCを手放したことを後悔しました。

これを見つけるまではUM560をまた購入することを考えてたのですが、UM560で不満だった前面にUSB TypeA端子が無いのと、背面のUSB Type-C端子がALTモード非対応でケーブル1本で給電とモニタ出力するには前面のType-Cに接続するのが邪魔なのが解消された機種なので、こちらにすることにしました。

UM560の5650UはZen3コアで、PN51はZen3コアでベンチマークベースでは5650Uの方が15%ほど高速なのですが、体感ではほとんど差はないと思います。

PN51はベアボーンなのでメモリとSSDは自分で用意する必要があります。
SSDはNVMe対応M2スロットとは別に2.5インチSATAスロットも1個あります。
Windowsのライセンスは付属していません。
付属のACアダプタは丸ピンのプラグですが、65WのPD給電できるアダプタからUSB Type-Cへ接続しても給電できます。

本体サイズは115x115x49mmでUM560より縦横が10mmほど小さいです。

試しにWindows11環境で電力を計測してみました。
アイドル時は10W前後、Web等の通常使用時は10W台、たまに30W位、3Dゲームで50W近くまで上がりましたが、50W以上はまだ見たことはありません。
UM560とほぼ同じ感覚です。
Ubuntu環境ではアイドル時に7W位で動作してました。

まだまだUSB Type-Aの機器は多くあるので、前面に端子があるのは助かります。
PD給電対応のモニタに接続する際も背面に接続する方がスッキリします。

UM560は手放した後も公開するほど気に入ってのですが、不満だったところもありました。
PN51は不満だったところも解消されたので、同じようも思ってる方はこちらも検討することをお勧めします。

レトロPCコレクション 2023年1月

最近はPCの入れ替えの方に重点を置いているので、1年前とほとんど変わっていません。

MSXはFS-A1STが予備機も含めて2台あったのですが、純粋に8bit気が欲しくて1台を売却し、HB-F1XDJのコンデンサ交換、ベルトレスFDDに換装した整備品を購入しました。

Libretto 70がついにどうやっても起動しなくなりました。
結局PC-DOSは使うことはないので、次の機種は考えていません。

最後に残ったPC98環境とMSX環境とWindowsXP環境は今後もできる限りおいておくことを続けたいと思います。

PC-9821Xa16/R12
https://blog-e.uosoft.net/entry/20200124/1579804390 参照
2018年入手
PC98のメインマシン。
コンデンサ交換等の整備品を約2万円で購入
色々追加して結構フル装備になりました。
80286以前にしか対応していないゲームや速すぎて遊びにくいゲームはPC-286Cで遊ぶとして、それ以外のことはDOS環境では大抵できるようになってます。

PC-486note au
https://blog-e.uosoft.net/entry/20200421/1587449084 参照
2020年入手
動作品で約25000円。
FDドライブが2台でPC-9801-26互換FM音源搭載のノート。640x480のTFT液晶
PC-9821Nxから乗り換えたノート環境です。FDドライブが2台なので、遊べるゲームが増えました。
DOS環境保存用のノートでは最適な機種だと思います。

FS-A1ST
2014年頃入手
当時約4万円
元MSXユーザである以上、ずっと憧れていた機種であり、いつか手に入れたいと思った機種でした。
MSX現役当時はMSX2だったので、入手したときは最高の機種がやっと手に入った気持ちでした。
FS-A1GTはディスプレイケーブルが専用なので、普通のケーブルが使用できるFS-A1STを選択しました。
音声にノイズが乗る様になったのを機に電解コンデンサを全部交換しています。その他にメモリ512KBに増設、ベルトレスFDドライブに換装をしました。
その後将来入手できなくなる可能性も考え、2017年に予備機としてもう1台同等処置を施した整備品を初回より倍近い金額で入手しました。
純粋な8ビット機が欲しいと思いHB-F1XDJを購入後 2022年に1台手放しましたが、整備品ということもあり購入した時より高額で売却できました。

HB-F1XDJ
2022年頃入手
当時約4.5万円
一度HB-F1XVを手放したところ、やはりBASICの速度や細かい挙動などからFS-A1STではなく純粋な8ビット機が欲しいと思い、コンデンサ交換、ベルトレスFDDに換装した整備品を購入しました。
現在はFS-A1STの方が予備機扱いで、こちらの方をメイン機として遊んでます。

Vaio type W
2009年頃入手
当時流行したネットブック。他のネットブックが軒並み解像度が1024x600でしたが、その中で1366x768だったのでこれにしました。ネットブックの中では少々高価でしたが、それでも購入時5万円以下だったと思います。
これは現在も持ち続けてWindowsXP保存環境として使用しています。
Windows95時代のゲームは大抵WindowsXPでも動作するので、古いWindowsゲームでは重宝しています。

Ryzen 9 5900HX + Radeon RX 6600M 高性能ミニPC Minisforum HX90G

あけましておめでとうございます。
今年もこのブログをよろしくお願いします。

この度メインPCを Minisforum HX90G に変えました。

人気機種で生産が間に合って無いせいか、現在公式ストアで注文しても出荷は2月上旬になるようです。
Amazonにも商品ページがあったのですが、現在(2023/01/05)は表示されなくなってました。

CPUはAMD Ryzen 9 5900HXと高性能ミニPCではよくあるものを使用してますが、別にGPUのAMD Radeon RX 6600Mが搭載されています。
このGPUはnVidiaのLaptop用低電力RTX2060とRTX3060の間の性能ですが、FullHD(1080p)の環境ではBattlefield2042等の重いゲームでも60fps以上なので特に不便は無いです。

GPUが別の割には消費電力が少なく、アイドル時は16W台で動作しています。
通常使用時でも20W前後で動作していて、今このブログをChromeで書いてる状態で20W前後で動作しています。
GPUパワーが必要なゲームの場合はNo Man's Sky の高設定で120W前後で動作し、BF2042等の高負荷ゲームでは最高220Wくらいまで上がりました。
比較的GPU負荷が少なそうなOCTOPATH TRAVELERは50W前後でした。

ゲームで遊ぶときはPS5やXBOX SeriesX等の最近のゲーム機並みに消費電力が上がりますが、通常の作業時にはほとんどの場合40W以下で動作しています。

GPUに負荷をかけるとファンがうるさくなりますが、PS5等のゲーム機並みです。
デスクトップPCにCPUやGPUに付属されている標準のファンよりは静かです。
通常使用の50W以下の動作時にはほとんどファンの音は聞こえなくなります。

性能を考えると通常使用時の消費電力は大変優秀で今のところミニPCの中では一番満足度が高く、良い買い物をしたと思いました。

購入時にRyzen 9 6900HXのUM690と迷いましたが、思ったより消費電力が多くUM560と同じシリーズとしては魅力が少ないと思いました。
早期に入手した人のレビューを見てアイドル時に20Wを切ってるのを見たのが決め手となり、こちらを購入しました。

今までメイン機だった HM90 はサブ機として、UbuntuメインのWindowsとのデュアルブート環境にしました。
今までサブ機だった UM560 は今回の資金の足しにするために手放してしまいました。

PC-9801パーフェクトカタログ(上巻 一般ゲーム編)買いました

MSXパーフェクトカタログに続いて、待ち望んだものが発売されました。

PC-9801パーフェクトカタログ(上巻 一般ゲーム編)です。

上巻が一般ゲーム編で下巻が美少女ゲーム編なのですが、この分け方は嬉しい。

今回は発売された機種が全て網羅されていなくて、特にエプソン機はほんの少ししか載ってなくて残念ですが、ゲームの方は満足です。


久しぶりにRolandのSC-88proで遊びました。

色々データを整理してるうちに久しぶりにMIDIデータを聞いてました。
現在でもWindows機にはMU2000を接続できるようにしているのですが、今回はPC-9821Xaに接続しているSC-88Proで聴いてました。



PC98現役当時からXG音源で、10年ほど前に久しぶりに実機でMIDIファイルを聴きたいと思い、まずYAMAHAのMU1000をオークションで購入しました。十分安く手に入るようになったこともあり、数か月後にGS音源も欲しいと思い、現在でも根強いファンのいるSC-88Proを入手しました。
当時オークションで約15,000円でしたが、今でも相場はそんなに変わってないようです。
発売当初の新品価格は8万円位だったと思います。

PSGやFM音源と同じでMIDI音源も機種毎に独特の音あって、最近の音源でリアルな楽器を再現するのとは別の良さがあります。

Roland SC-88pro
パート数:32
最大同時発音数:64
音色数:1117
ドラムセット:42
音色マップ:3(SC-55/SC-88/SC88Pro)
エフェクト:リバーブ 8種類, コーラス8種類, ディレイ10種類, 2バンドイコライザー インサーションエフェクト64種類1系統

Xiaomi Redmi Pad を買いました

今までiPadとは別にサブのAndroidタブレットとして、2万円前後の低価格Androidタブレットを使用していました。
やはりこの手の機種はそこそこ高性能のCPUやメモリが多くてもOSの作りが悪いといいますか、動きがスムーズでは無かったり、良くアプリが落ちたり、タッチ制度が悪かったりと何かしら欠点があってカタログスペックほどの快適性はない機種ばかりです。
サブ機と割り切って使用してましたが、毎年のように買い替えてました。
最後に使用してた機種は今年の春頃に2万円前後のTECLAST M40 Proでした。
最近人気のUnisoc T618を使用しているもののブラウザ(Chrome)でも動作が重く感じました。

今回は少しまともなものにしようと思い、Xiaomiの Redmi Pad を選択しました。
日本国内バージョンはメモリが3GBのモデルが39,800円、4GBのモデルが44,800円と少々高価な価格ですが、Aliexpressのブラックフライデーセールで6GBのグローバル版を35,000円ほどで購入できました。

初めは3GBでいいやと思っていましたが、動画のレビューを見ているとAntutuベンチマークのGPU部分で4GBと2万くらい差が出てました。4GBと6GBはほぼ同じです。
推測ですがVRAMに割り当てられるメモリの差で結果に差が出ていると思われます。
ホーム画面やブラウザのスクロールでも動作にも差が出ているので、3GBは避けた方が良いと思います。

購入時 (Aliexpressのブラックフライデーセール中) の価格は 3GB版が約25,000円、4GB版が約30,000円、6GB版が約35,000円でした。

細かい動作はブログでは伝えにくいので、Youtube等で探してみてください。
体感的にいま家にある一番古いiPadの第5世代iPad mini でiOSを使用しているのと同等の動きをしてくれてます。
CPUはMediaTek Helio G99をしており、自分では計測していませんが各サイトやレビューを参考にするとAntutu 330,000前後 (3GB版は-20,000)です。

Android12ベースのOSの動作も快適で、今まで低価格の機種で味わったような未調整な感じもしません。
iPadには及びませんが、今まで所有したAndroidタブレットとば格段に快適な操作性でした。

iPadも複数年使用していることもあり、この機種も複数年使用できると思います。
低価格Androidタブレット+1万円でまともな機種を買えるので、低価格Androidタブレットを買おうとしている方は少し考えた方が良いと思います。

Aliexpressではスペックを偽造しているものや中国国内版にカスタマイズしたグローバルバージョンのROMを書き込んで販売している物も多いです。
見極めは慣れていないと難しいですが、Mi Global StoreやXiaomiPro Global Store等のXiaomi製品しか扱っていないストアは正規に仕入れてる可能性が高く、比較的信用できると思います。

PiCar-Xで遊ぶ 2 各モーター制御のメモ

今回は PiCar-X のモーター制御メソッドのメモです。

範囲はサンプルプログラムから推測した実用的な範囲です。
範囲を超えても指定できますが、可動に無理があるので範囲内に収めた方が良いです。

Picardクラス

PiCar-Xで遊ぶ 1 初期セットアップのメモ』 でセットアップをすると、picarxモジュールが使用できるようになりその中にPicardクラスがあります。
Picardクラスに各モーターを制御するメソッドがあります。

カメラの縦の角度

set_camera_servo1_angle(角度)
実用的な角度の範囲は-35~75

カメラの横の角度

set_camera_servo2_angle(角度)
実用的な角度の範囲は-90~90

前輪の角度

set_dir_servo_angle(角度)
実用的な角度の範囲は-30~30

前進

forward(速度)
速度の値の基準は不明
都度適当な値を設定して調整する

後退

backward(速度)
速度の値の基準は不明
都度適当な値を設定して調整する

簡単なサンプル

正面を向いて速度10で前進させるだけの簡単なサンプルです。

#!/usr/bin/env python3

from picarx import Picarx

px = Picarx()

# 正面を向く
px.set_camera_servo1_angle(0)
px.set_camera_servo2_angle(0)

# 前進
px.forward(10)