電子ガジェットいろいろ

電子系のガジェットやアプリ開発等の話題を書いてます

YAMAHAのMU1000とRolandのSC-88pro

今でも使用しているハードウェア音源があります。
YAMAHAのMU1000とRolandSC-88proです。どちらも数年前に中古で1万円台で購入したものです。
PC98の現役当時はQY70を音源代わりに使用してました。何か曲を作れそうと思って選んだのですが、結局固定で音源のみ使用してました。
QY70は当時から持ってるものではないのですが、これも数年前に状態の良いもの確保してを1台保管しています。
その後DOS/Vに移行後サウンドカードをYMF724を搭載したものにしました。
このような経緯からずっとYAMAHAXG音源派でした。そこでWindows7の時代に過去のMOデータ整理してMIDIデータを発見したのを機に久しぶりに実機で聴きたくなり、当時憧れていて中古で安くなってたMU1000を入手しました。
MIDIデータはRolandのGS音源に最適したものも多く、こちらも実機で聴きたくなりRolandMIDI音源全盛期の定番のSC-88proを入手しました。
現在ではMU1000をWindows機に、SC-88proをPC-9821Xaに繋いで使用しています。

MU1000



パート数:64
最大同時発音数:128
音色数:1396
ドラムセット:58
エフェクト:リバーブ18タイプ、コーラス20タイプ、バリエーション97タイプ、インサーション1〜4各97タイプ、EQ4タイプ

SC-88pro



パート数:32
最大同時発音数:64
音色数:1117
ドラムセット:42
音色マップ:3(SC-55/SC-88/SC88Pro)
エフェクト:リバーブ 8種類, コーラス8種類, ディレイ10種類, 2バンドイコライザー インサーションエフェクト64種類1系統