電子ガジェットいろいろ

電子系のガジェットやアプリ開発等の話題を書いてます

おすすめのiPhoneアプリ開発関連本

今回はiPhoneアプリを開発する上で良かった本を紹介します。
良かったと言っても4冊しか所有してませんが、この4冊を紹介します。
Objective-Cは全く独自の言語ではありません。まずはベースとしてC言語があります。C言語を拡張してクラス等のオブジェクト指向の機能を実装した言語です。ちょうどC++と同じ様な感じです。

・詳解Objective-C 2.0


Objective-Cのバイブル的な本です。
実はこの本はiPhoneアプリを作ろうとする前にMacのアプリを作ろうとして買いました。Objective-Cも初めてだったのですが、これ1冊あれば言語的には事足ります。ただ淡々とObjective-Cの文法や仕様を解説していますが、初心者向けの本によくある余計なサンプルアプリを作りながら習得するページはは無くてすっきりまとめられています。全く開発言語が初めての人は難解な本かもしれませんが、C言語がわかるならObjective-Cの仕様が網羅されているので、最適な1冊だと思います。

・たのしいCocoaプログラミング


この本もMacのアプリを作ろうとしていた時に購入しました。Interface Builderの使い方がわからなくて探してた時に見つけました。
iPhoneフレームワークCocoaフレームワークのサブセット版です。アプリ開発の手法はMacの開発と同じ手法なので、Macの開発関連の知識がそのまま役に立ちます。
こちらもObjective-Cの解説がありますが、少しだけです。Xcodeアプリ開発の手順が一通り解説されていて読みやすい本です。後半はCocoaフレームワークの主要なクラスを淡々と解説しています。
こちらも余計なサンプルアプリを作りながら習得するページはありません。この本も題名のイメージに反して初心者には難しそうです。

iPhone SDK プログラミング大全


私がiPhoneのアプリをやろうと思い始めた頃には、iPhone向けの本が無く、ネットにも情報が無い状態でした。なんとかアップルのページにある英語のドキュメントを読みながら始めてた状態です。
そんな状況の中、初めての日本語の本が発売すると言うことなので、内容も見ずに買ってしまいました。期待はそんなに裏切られてはいません。
ページ数はそんなに多くないのですが、文章は読みやすく、全体的に押さえる所は押さえています。一番始めに読む本ではベストだと思います。

iPhone SDK デベロッパーズクックブック


iPhone SDK プログラミング大全と似た様な性格ですが、もっと掘り下げている様な感じです。ユースケース毎に解説されているので、普段手元に置いていることが多いです。翻訳本なので、少々読みにくい部分はありますが、オライリーシリーズの本よりは読みやすいです。

最近急にiPhoneアプリの開発関連の本が増えてきましたが、サンプルアプリの作り方の解説を書いてページを稼いでる印象を受ける本が多い様な気がします。
iPhone SDK プログラミング大全』と『iPhone SDK デベロッパーズクックブック』は両方とも初期の頃に発売された本ですが、未だにこの2冊に勝てる本は無い様な気がします。(あくまでも個人的な意見です。)