電子ガジェットいろいろ

電子系のガジェットやアプリ開発等の話題を書いてます

NUARL N6PRO 私的レビュー

完全ワイヤレスイヤホン(TWS)のNUARL N6 Proを購入しました。

まず、ヨドバシカメラの福袋でSONY WF-1000Xを入手しました。
実はこれは1年以上前にも1度使用していたことがあり、切れやすさと音質の面で満足ができず、すぐに手放していました。
今回はせっかく入手したので久しぶりに使用したところ、野外で聴くときは当時より音質にはこだわりが無くて案外良いかもしれないと思いましたが、1か月ほど使用してるとやはり音質も切れやすさも気になってしまいました。
結局オークションで手放しましたが、ケースから取り出すだけで電源がONになり、ケースにしまうとOFFになる手軽さは捨てきれず、次の機種を探していました。
初めはこのシリーズの最新機種のWF-1000XM3を買おうと思って調べてたのですが、やはり切れやすさはあるようでした。色々調べていくうちに、やたら評判の良いものがあり、それがNUARL N6 Proでした。価格もWF-1000XM3より安価でしたので、こちらを購入することにしました。

NUARL N6 Proの特徴としては、カーボンナノチューブ振動板の「NUARL DRIVER [N6]v5」を搭載し、応答性にすぐれたシャープな立ち上がりで豊かな音を奏でるようです。
アナログとデジタルのハイブリッドチューニングを施し、クリアなサウンドを再生する特許技術「HDSS」を採用しています。
イヤホン単体で最大約11時間、高音質なaptX audio再生時でも約8時間の連続再生を実現。充電ケースとの併用で最大55時間の音楽再生が可能です。
SBC以外にAACとaptXに対応しています。
音の傾向としては、やや低音よりの弱ドンシャリでフラットに少し味付けしたような感じです。
解像度も高く感じ、1つ1つの音もはっきりとしています。
やや低音よりに感じますが、高音も伸びがありクリアです。
ノイズキャンセリングや外音取り込み機能はありません。SONY WF-1000Xではホワイトノイズが増えることや外像度が低くなったように聴こえるのが嫌でこの機能は使用していなかったので、個人的には不満がありません。元々カナル型なので遮音性は高いと思います。
通信もほとんど切れることはありませんでした。新宿駅等の装置や人の多い場所ではさすがに切れることがありますが、SONY WF-1000Xと比較すると、極端に切れることが少なくなりました。
他には何と言ってもデザインが良いです。マット調の黒をベースに、文字とボタン部分が金で高級感が感じられます。

同シリーズのNUARL N6はチューニングの違いか振動板の違いかわかりませんが、低音が強めのドンシャリ型のようです。

今まで中華の物も含めていくつか試しましたが、SONY WF-1000Xほどのものでも、やはり完全ワイヤレスイヤホンはホワイトノイズや解像度の面ではワイヤードイヤホンに劣ることがはっきりわかるほどでしたが、NUARL N6 Proはワイヤードイヤホンにも劣らず、今まで試したものとは格が違いました。