電子ガジェットいろいろ

電子系のガジェットやアプリ開発等の話題を書いてます

mbedで迷ったらこれ STM32 NUCLEO-F446RE

mbedを使いたいと思った時に迷ったら、ST Nucleo Board STM32F446REがおすすめです。

このボードは低価格でArduino互換のピンソケットを持ったSTM32 NUCLEOシリーズのボードです。

CPUはFPUも内蔵されているARM32bit Cortex-M4を搭載し、動作周波数もmbedの中では比較的高速な最大180MHzです。

メインメモリも128KBでフラッシュも512KBと十分です。さらにDAC2ch搭載しているので、ステレオの自作音源制作もできます。NUCLEOは低価格で前から人気だったのですが、メモリを大きいものを選択するとCPUが遅いものだったり、DACをあきらめたり、融通の利く汎用的なスペックがなかなかなかったのですが、今回の機種でやっと一通り満足できるスペックで良いものが発売されたと思います。

もしmbedで迷ったらぜひST Nucleo Board STM32F446REを検討してください。

ST Nucleo Board STM32F446REのスペック

CPU STM32F446RET6
CPUコア ARM32bit Cortex-M4(+FPU)
周波数 最大180MHz
CPU電源 1.7V-3.6V
フラッシュ 512KB
SRAM 128KB+4KB(Buckup)
タイマー(AdvancedControl) x2
タイマー(General Purpose) x10
タイマー(Basic) x2
SPI x4
I2S x2
USART x4
UART x2
USB OTG x1
CAN x2
SAI x2
SPDIF-Rx x1
HDMI-CEC x1
QuadSPI x1
GPIO x50
ADC 12bitx3 16ch
DAC 12bit 2ch

ST Nucleo Board STM32F446RET6

ST Nucleo Board STM32F446RET6