電子ガジェットいろいろ

電子系のガジェットやアプリ開発等の話題を書いてます

NUARL N6PRO 私的レビュー

完全ワイヤレスイヤホン(TWS)のNUARL N6 Proを購入しました。

まず、ヨドバシカメラの福袋でSONY WF-1000Xを入手しました。
実はこれは1年以上前にも1度使用していたことがあり、切れやすさと音質の面で満足ができず、すぐに手放していました。
今回はせっかく入手したので久しぶりに使用したところ、野外で聴くときは当時より本質にはこだわりが無くて案外良いかもしれないと思いましたが、1か月ほど使用してるとやはり音質も切れやすさも気になってしまいました。
結局オークションで手放しましたが、ケースから取り出すだけで電源がONになり、ケースにしまうとOFFになる手軽さは捨てきれず、次の機種を探していました。
初めはこのシリーズの最新機種のWF-1000XM3を買おうと思って調べてたのですが、やはり切れやすさはあるようでした。色々調べていくうちに、やたら評判の良いものがあり、それがNUARL N6 Proでした。価格もWF-1000XM3より安価でしたので、こちらを購入することにしました。

NUARL N6 Proの特徴としては、カーボンナノチューブ振動板の「NUARL DRIVER [N6]v5」を搭載し、応答性にすぐれたシャープな立ち上がりで豊かな音を奏でるようです。
アナログとデジタルのハイブリッドチューニングを施し、クリアなサウンドを再生する特許技術「HDSS」を採用しています。
イヤホン単体で最大約11時間、高音質なaptX audio再生時でも約8時間の連続再生を実現。充電ケースとの併用で最大55時間の音楽再生が可能です。
SBC以外にAACとaptXに対応しています。
音の傾向としては、やや低音よりの弱ドンシャリでフラットに少し味付けしたような感じです。
解像度も高く感じ、1つ1つの音もはっきりとしています。
やや低音よりに感じますが、高音も伸びがありクリアです。
ノイズキャンセリングや外音取り込み機能はありません。SONY WF-1000Xではホワイトノイズが増えることや外像度が低くなったように聴こえるのが嫌でこの機能は使用していなかったので、個人的には不満がありません。元々カナル型なので遮音性は高いと思います。
通信もほとんど切れることはありませんでした。新宿駅等の装置や人の多い場所ではさすがに切れることがありますが、NUARL N6 Proと比較すると、極端に切れることが少なくなりました。
他には何と言ってもデザインが良いです。マット調の黒をベースに、文字とボタン部分が金で高級感が感じられます。

同シリーズのNUARL N6はチューニングの違いか振動板の違いかわかりませんが、低音が強めのドンシャリ型のようです。

今まで中華の物も含めていくつか試しましたが、SONY WF-1000Xほどのものでも、やはり完全ワイヤレスイヤホンはホワイトノイズや解像度の面ではワイヤードイヤホンに劣ることがはっきりわかるほどでしたが、NUARL N6 Proはワイヤードイヤホンにも劣らず、今まで試したものとは格が違いました。

とりあえず理想のPC98DOS環境が完成しました(PC-9821Xa16/R12)

1年半前に入手したPC-9821Xa16/R12の拡張を続けて理想のDOS環境が完成しました。

f:id:uosoft:20200115150746j:plain
f:id:uosoft:20200115150604j:plain
画像を見てもらえれば分かる通り、あまり使用しないCD-ROMをMOに交換してます。Cバス、PCIの拡張スロットはすべて埋まっています。

CPUはPentium 166MHz、メインメモリは96MB
HDDはCF-IDE変換ボードでSLCタイプの4GBのにMS-DOSWindows98の2つのパーティションに分けました。
Windows98は他のWindowsからファイルコピーだけのために使用して、他のことには使用していません。(古いWindowsゲームを遊ぶ場合は、WindowsXP環境のVaio type Wの方が快適なので)

f:id:uosoft:20200115150708j:plain

DOS環境でPentiumは十分なパワーがあり、どんなものでも快適に動かせる感じです。
PC-8801mk2SRエミュレータのP88SRも余裕で動作します。PC-9801-86にADPCMのメモリを追加するちびおとも実装しているので、再現度もかなり高いです。
古いゲームは早すぎるものもありますが、PC-9801EXやPC-286Cもあるので、そちらで遊びます。

拡張スロットに入れてるものを紹介します。

f:id:uosoft:20200115150709j:plain

FDDインタフェース PC-9801-87

5インチのFDD(ロジテックLFD-52)を接続するのに使用しています。
数回コンバートのために使用しましたが、普段はそんなに使用することも無く5インチFDDはしまってあります。

MIDIインタフェース Super MPU S-MPU/PC

SC-88proを接続していでます。

FM音源ボード PC-9801-86

コンデンサ交換、高音質改造、ちびおと実装です。
FM音源にはこだわりたかったので、すでに整備済みのものを3万円で購入しました。

SCSI-2インタフェース IFC-DP

PCISCSI-2インタフェースです。内蔵用のコネクタもあり、MOドライブを接続しています。
USBバスパワーのMOドライブも安く入手できるので、Windowsとファイルをやり取りする際に非常に便利です。これにしてからWindows98もいらないかなって思ってます。

LANインタフェース LGY-PCI-TXL

元々LANはCバスものが付いてましたが、Cバスが埋まってしまったのでPCI用に交換しました。
Windows98で使用しています。

前はオークションやフリマで拡張ボードを色々チェックしてましたが、ここまでくると満足してチェックしなくなりました。

懐かしのレトロPC名作ゲームガイド (マイウェイムック)

懐かしのレトロPC名作ゲームガイド (マイウェイムック)

僕らのパソコン 30年史 ニッポン パソコンクロニクル

僕らのパソコン 30年史 ニッポン パソコンクロニクル

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 翔泳社
  • 発売日: 2013/10/30
  • メディア: Kindle

SONY NW-A105 ある意味待ち望んでいた機種 NW-A55に望んでいた機能を追加したような機種

年末辺りからあまり使用していないイヤホンやDAPを売却して資金を作り、SONY NW-A105を購入しました。

以前に紹介したSONY NW-A55も売却しましたが、NW-A55に望んでいた機能を追加したような機種でずっとほしいと思っていました。

OSはAndroidになりました。GooglePlayも使用できるので、ストリーミングサービスも使用できます。既に会員のAppleMusicとAmazonMusicのアプリをインストールしました。
ファイルはMicroSDカードに入れるので容量は少なくて良いと思い、16GB版にしました。初期状態で約10GBの空きがありました。
バージョンアップ用に2GB必要なのと、使用しているうちにシステムが作成するファイルあるので、本体にはアプリのみ入れるようにすることとします。音楽関係のストリーミングサービスやプレイヤーアプリをいくつか試しましたが、どれも300MB以下なので、音楽関係に限定した使い方であれば問題なさそうです。

接続端子はUSB Type-Cになりました。これは大きなポイントだと思います。同時期に発売したNW-ZX507もUSB Type-Cなので、この先WM-PORTは廃止されていくことになると思います。(Android搭載機種だけかも)

音質はNW-A55と比較すると低音が抑え気味になり、弱ドンシャリに感じ自分的に好みの傾向になりました。解像度等の総合的な音質の印象は同レベルだと思います。
今回もDSEE HXは今回も優秀です。さらにこの設定は他のアプリにも影響するので、ノーマル音質のAppleMusicやAmazonMusicでもハイレゾ化されるので、Wifi環境の家の中では結構ストリーミングで聴くようになりました。

標準プレイヤーのW.ミュージック以外ではハイレゾ音源は48kHz/16bitでの再生になるようですが、DSEE HXが効くので高音質で聴くことができます。

NW-A55を使用していた時から、他のストリーミングサービスを使いたい、WM-PORTは面倒と思っていたので、今回は待ち望んでいた機種でした。

色々整理した結果、現在所有しているDAPはNW-A105、ONKYO DP-S1A、SHANLING M2s、Zishan Z3・ZISHAN DSDです。それぞれ特徴があり、音質も好みなので、持ち続けてます。

NW-A105

この記事の機種

ONKYO DP-S1A

一番音質がお気に入りの機種。
FiioやAK等の同価格帯の他の機種も試しましたが、これが一番音質が良く感じ、音の傾向も好みでした。

SHANLING M2s

低価格ながら音の傾向が好みで、小型で邪魔にならなく、PCのUSB DACとしても使用しています。

NICEHCK P3 私的レビュー

本年もよろしくお願いします。

NICEHCK P3のレビューです

去年11月頃のセールにNICEHCKが売り出していた福袋で入手しました。
Bluetoothケーブル(NICEHCK HB1)とのセットで約3000円で購入しましたが、普段の価格はAliexpressでP3が約4000円、HB1が約1500円で日本のアマゾンではそれぞれ+1000円程で出品されています。

1DD+2BAのドライバ構成です。
やや低音強めで高音はウォーム系で刺さりも無く、低音よりのドンシャリタイプです。
個体差もあると思いますが、KZとの同じドライバ構成の物と比較すると、良く音がまとまっていて良い意味で1ドライバのような感じで違和感なく各音域の音が伝わってきます。

BluetoothケーブルのHB1の方は、この価格帯のBluetoothケーブルは過去にもいくつか手を出しては音質に満足できるものは無く信用してなかったのですが、今回は思ったより良く、普通に使えるレベルの物でした。

通常価格で考えると同価格帯の中華イヤホンと比較しても全体的に同レベルで、特出した特徴はありませんが自分は安く入手できたので大変満足しています。

PC98のこと

パソコンはMSXから入ったので、16ビット機は非常に憧れていました。

PC98を入手したのは大学の入学祝として親に買ってもらったPC-9801BXでした。
ちょうどコンパックショックの時代で、対抗して低価格で販売したFELLOWシリーズの初代です。
当時のPCはメーカーの小売希望価格は高めに設定されいて、実売価格は意外と低かったのを覚えています。
PC-9801BXも218,000円だったのを128,000円で買いました。モニターを合わせても20万円以下だったと思います。
当時はバイトもしてある程度小遣いにも余裕ができたので、HDDや86音源を増設したり、メモリやODPを足したりして無理やりWindows95まで延命してました。

この頃からQuickBasicやQuickCで本格的にプログラミングを始め、簡単なゲームやツールを作ってNiftyに登録したりしてました。
例のパズルゲームもあります(今でもベクターにあります)。

ゲームはティル・ナ・ノーグやウイニングポスト、フロンティアユニバース、レジオナルパワーシリーズ、ウィザードリィ5、トキオ1,2を主にやってました。
他にも思い出せないものが数個ありますが、別にゲーム機にもあるものはゲーム機の方をやってたので、改めて思い出してみると案外少ないですね。当時PCではプログラミングやフリーゲームを主にやってました。

3年ほどでメモリ14.6MBでWindows95を使うのは限界を感じDOS/V機を自作しました。

その後1年はゲームのために置いておきましたが、全く電源を入れなくなり最後には知人に譲ってしまいました。

過去記事にも色々書いてる通り、最近またPC98を手に入れ、ティル・ナ・ノーグとフロンティアユニバースを何度も遊んでいます。

蘇るPC-9801伝説 永久保存版―月刊アスキー別冊

蘇るPC-9801伝説 永久保存版―月刊アスキー別冊

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: アスキー
  • 発売日: 2004/03/18
  • メディア: 大型本
蘇るPC-9801伝説 永久保存版 第2弾

蘇るPC-9801伝説 永久保存版 第2弾

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: アスキー
  • 発売日: 2007/03/23
  • メディア: 大型本

MSXのこと

久しぶりにFS-A1STで遊んでいまして。昔のことを色々思い出しました。

中学生の頃に2年生だったかな?に初めて買ってもらったのがMSX2でした。
機種は珍しい三菱電機のML-G30でした。
父親が知り合いのツテで展示品だったものをモニタ込みで格安で購入したようです。
本当はFS-A1FかHB-F1XDを希望したのですが、外部スロットが1つしかないML-G30にがっかりした記憶があります。
この機種はPC98のCバスのような内部スロットが2個あったのですが、仕様は他のスロットと全く同じことが分かり、FC-PACを殻割して基板を直接挿して使用していました。
外部+内部で合計して3スロットあり、ぎゅわんぶらあ自己中心派1と2+FM音源と他の機種ではそのままできないようなことも可能でした。

ゲームはぎゅわんぶらあ自己中心派の他にはグラディウスレイドックザナドゥハイドライドイース123、大戦略ウィザードリィウルティマ4をやってました。
思い出せないのもいくつかありますが、ファミコンもあったので、思い返すとMSXのゲームはそんなにやってなかったようです。10年ほど前にHB-F1XVを手に入れてからの方が色々遊んでいます。
中学生当時はお金もそんないので、ディスクステーションや雑誌のプログラムを打ち込んで遊んでる方が多かったです。
少しですが自分でもプログラムするようになり、『MSXで遊ぶ! z88dk(C言語)でゲームを作ってみました』で作ったゲームは自分のチュートリアルの意味で新しい環境で開発する際の題材にしていると書きましたが、原点はMSXのBASICでした。
キャラが〇、金塊が△、壁が■で表示されるテキストのみで作ったゲームです

■■■■■■■■■■
■〇■■■■■■■■
■ ■△ ■■■■■
■ ■■ ■■△■■
■ △■ ■△ △■
■■△  ■■△■■
■■■■△   △■
■■■△△■△■■■
■■■△△  ■■■
■■■■■■■■■■

こんな感じのゲームでした。
翌年にMSX2+が発売したのですが、いいなとは思ったものの不思議と欲しいとは思いませんでした。
買い替える金があったらゲームを買いたいって思ってましたね。

そんなMSXも高校に入るとだんだん遊ばなくなり、3年ほどで飽きたような気がします。
自分にとって高校はパソコンもゲームもあまりやらない時期であり、全盛期を過ぎて十分に安くなったPC-8801MRを中古で買ったりもしましたが、これもあまり遊ばないですぐに押入れ行きになりました。(その割には例のパズルゲームもPC88で作り、某雑誌に掲載されたりしています。)
次にパソコンを本格的に使うのは大学入学時に買ったPC-9801BXになります。そのうちPC98のことも書きたいと思います。

YAMAHAのMU1000とRolandのSC-88pro

今でも使用しているハードウェア音源があります。
YAMAHAのMU1000とRolandSC-88proです。どちらも数年前に中古で1万円台で購入したものです。
PC98の現役当時はQY70を音源代わりに使用してました。何か曲を作れそうと思って選んだのですが、結局固定で音源のみ使用してました。
QY70は当時から持ってるものではないのですが、これも数年前に状態の良いもの確保してを1台保管しています。
その後DOS/Vに移行後サウンドカードをYMF724を搭載したものにしました。
このような経緯からずっとYAMAHAXG音源派でした。そこでWindows7の時代に過去のMOデータ整理してMIDIデータを発見したのを機に久しぶりに実機で聴きたくなり、当時憧れていて中古で安くなってたMU1000を入手しました。
MIDIデータはRolandのGS音源に最適したものも多く、こちらも実機で聴きたくなりRolandMIDI音源全盛期の定番のSC-88proを入手しました。
現在ではMU1000をWindows機に、SC-88proをPC-9821Xaに繋いで使用しています。

MU1000



パート数:64
最大同時発音数:128
音色数:1396
ドラムセット:58
エフェクト:リバーブ18タイプ、コーラス20タイプ、バリエーション97タイプ、インサーション1〜4各97タイプ、EQ4タイプ

SC-88pro



パート数:32
最大同時発音数:64
音色数:1117
ドラムセット:42
音色マップ:3(SC-55/SC-88/SC88Pro)
エフェクト:リバーブ 8種類, コーラス8種類, ディレイ10種類, 2バンドイコライザー インサーションエフェクト64種類1系統